「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
44話・・・やっぱり、復縁

d0109392_15565127.gif


 9月は新しいスクールへ週2回、通い出した。
良い先生だった。若くてハンサム、背丈も高い。今までの先生のように悪いところでその都度ストップしない。褒めてくださるが上達も出来なさそう。

 結論として確認したのは、今までの先生は教え方が上手い。ダンスも完璧に教えたいのだと理解した。いい加減に済ませないのだ。

 良い先生とはどんな教え方をする人か?ダンスは1対1のレッスンであるので、性格が合わなくとも教え方が厳格なら、その人に附くべきだと感じた。
それでも元の先生のところへすぐには行く気がしない。

d0109392_16272769.jpg


 気を取り直して10月下旬、お電話して再度通いだした。

そのきっかけになったのは、またまた社長夫人の言葉であつた。
「よそのスクールに行くと分かるけど先生は教え方も熱心で踊りもうまい。でも口が悪いのが欠点だ。」という話しになった。一緒にお茶をした時だった。

「もう教えるのが、いやんなっちゃうなアー。もう、うんざりだアー。」こんな言葉を言われたのよ。
「へー。良く言うワアー。それは驚いたアー。」と私。

「それがなければ、先生は随分お金もたまったでしょうね。聞いた話だけど、バブルの頃、抗議した生徒に、それならどうぞお辞めください、と言ったそうよ。そして5人位の生徒さんが辞めていったというわよ」と社長夫人。
「驚いたアー。マイッタアー」

 先生の毒舌は悪い癖かもしれないが本物。先生に3年間教わったら、他の先生に移れないかもしれない。
まず熱心。本当に上手く踊らないと踊れるまで直そうとする。
それだけに上手く踊れた時の嬉しさは、言葉で表現できない。一度でもその喜びを知った生徒は長くダンスを続けてゆくだろう。必ず上手くなると思う。
 










 
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-19 16:05 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
43話・・・幾度目かの衝突

d0109392_15565127.gif


 ダンスの最中、とうとう先生と再度のケンカをしてしまった。

 「こんな踊り方ですよ。」ダンスの説明ならともかく幾度も私の踊り方の真似を始めた。
背中を丸め年寄りじみた格好をくどいほど繰り返す。
「真似はもうよいですから、レッスンをして下さい。」と言ってしまった。

 悪い私の真似をいくらしても、無駄。正しい見本を見せてくれるなら良いが、先生は私の悪いまねを誇張して幾度も、毎回も繰り返されると、もう、ウンザリ。
高い授業料が無駄になる。

 いろいろと注文してダメ押しをするので、つい言葉を出してしまう。
「先生の言うようにすぐにはうまくなれません。」
「見せなければ、理解できないです。」と先生。
「先生の老人の姿をなぜ見なければならないのですか?下手なのは分かっていますから、まずレッスンをして下さい。」
そうして、お互いむっとしてくる。

「まず、レッスンをやりましょう。時間がもったいない。」
私のこの言葉が皮切りで、衝突は始まった。
今回はいささか今までとは違っている。先生の態度に本気で怒ってしまっていた。
「もう、我慢できない。先生にはついてゆけない。」

結果、帰り際に宣言した。「お電話するまで、暫くの間、お休みさせてください。」
「もう終わりだ。」と心密かに思った。

d0109392_16272769.jpg



 新しいダンススクールを探し出そう。通勤に近いスクールが良い。まず前から知っている1箇所に出かけてみる。
丁度、先生が女性を教えていた。先生の教え方がいい加減。外観も一緒に踊る雰囲気ではない。ここはボツにした。

 まるで結婚相手を探しているようだ。
初めての時は、右も左も分からないので、自宅に近いと言う事だけで選択した。
2回目のスクールを選ぶのは、再婚と同じだ。
ダンスの上手い下手も分かっているので、選ぶ眼が厳しくなる。この現象も離婚後の女性と同じだ。

 次は有名なスクールに出かけた。
辞めないようにレッスンの切符も購入、ロツカーも1年間契約した。


 
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-19 15:12 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
44話・・・やっぱり、復縁 
d0109392_15565127.gif


9月は新しいスクールへ週2回、通い出した。
良い先生だった。若くてハンサム、背丈も高い。今までの先生のように悪いところでストップして指摘しない。褒めてくださるが上達も出来なさそう。

 結論として確認したのは、今までの先生は教え方が上手い。ダンスも完璧に教えたい人なのだ。と理解した。いい加減に済まさないのだ。

 良い先生とはどんな教え方をする人か?ダンスは1対1のレッスンであるので、性格が合わなくとも教え方が厳格なら、その人に附くべきだと感じた。
それでも先生のところへすぐには行く気がしない。

d0109392_16272769.jpg


 気を取り直して10月下旬お電話してもう一度通いだした。
そのきっかけになったのは、またまた社長夫人の言葉であつた。
よそのスクールに行くと分かるけど先生は教え方も熱心で踊りもうまいけど、口が悪いのが欠点だという話しになった。一緒にお茶をした時だった。

「もう教えるのが、いやんなっちゃうなアー。もう、うんざりだアー。」こんな言葉を言われたのよ。
「へー。良く言うワアー。それは驚いたアー。」と私。

「それがなければ、先生は随分お金もたまったでしょうね。聞いた話だけど、バブルの頃、抗議した生徒に、それならどうぞお辞めください、と言ったそうよ。そして5人位の生徒さんが辞めていったというわよ」と社長夫人。
「驚いたアー。マイッタアー」

 先生は毒舌だが本物。悪い癖かもしれないが、先生に3年間教わったら、他の先生に移れないかもしれない。
まず熱心。本当に上手く踊らないと踊れるまで直そうとする。
それだけに上手く踊れた時の嬉しさは、言葉で表現できない。一度でもその喜びを知った生徒は長くダンスを続けてゆくだろう。必ず上手くなると思う。

  
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-19 14:24 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
42話・・・社長夫人よりパーティへのご招待
d0109392_15565127.gif


 恵比寿のウェスティンホテルでのダンスパーティ。社長夫人からご招待をうけた。
ホテルでのダンスパーティは初めての経験である。17テーブルで構成された16校合同のパーテイ。世界チャンピオンも出場する。

 社長夫人は12名ほどの人をランチコース付でワンテーブルに招待している。ホテルの大ホールを1校で埋める事は、確かに不可能だ。
社長夫人は私の通うスクールの他にもダンスレッスンに通っている。そちらの先生とスローを踊った。今日の費用は一体いくらだろう?密かに気になった。

後楽園で開催しているというダンス競技会にもいつか行ってみたい。キムタク主演のテレビドラマ<ヒーロー>のファーストシーンにワクワクドキドキしたものだ。ダンス競技会の模様が映し出されたからだ。

フィナーレ近く、プロのデモンストレーションがあった。さすがプロ、ステップが実に早い。

d0109392_16272769.jpg


 観ているうちに分かったのは、大ホールではタンゴやルンバが良い。歯切れの良いスッテップ。大袈裟な身振り。メリハリがはっきりしている曲。派手な振り付けをふんだんに取り入れたスロー。スローは踊りが上手く背丈が高い人のカップルが良い。魅了されるのは、クイック。

 最後にスペシャルリストとして世界チャンピオンがダンスを披露された。このような外人カップルを見ると、ダンスを披露するのが恐ろしくなる。背丈。表情の美しさ。しなやかさ。床をすべるように踊る。最近の傾向として、フィギアスケートのペアーのように、アクロバット的である。

ショウダンス的な振り付けは、見世物には喜ばれるだろう。ダンスを満喫した一日だった。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-19 13:33 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
41話・・・審査員によって異なる評価点数

d0109392_15565127.gif

7月19日。海の日。ラテン3級の試験日。8時40分、早めに家をでる。
緊張する事は平凡な日常でのスパイスとなって、なかなか新鮮だ。
会場に入ると、見慣れた先生方の顔まで懐かしい。

毎回思うが、女性の先生方は皆美人だ。このような若い美人に教わっている男性方はひとしおレッスンにも励んでいる事だろう。どの顔も真剣で、気持ちが良い。

d0109392_16272769.jpg


ところで、審査員の先生方によって、評価の点数が大きく異なるのはどうしてか?
毎回の事ながら、不思議である。女性の先生の点は厳しいと言うが、男性審査員方でも大変評価が分かれる。

社交ダンスは上手い、下手。勝ち負けがはっきりしない。
オリンピックの種目になれない理由が、良く理解できる。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-05 01:22 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
40話・・・ラテンの試験にむけて

d0109392_15565127.gif

やっと、ダンスにときめきが帰ってきた。スランプもどこかへと遠ざかっている。
きっかけは美しいものを見るということか?兎に角、ショック療法が必要だ。

4月からラテンが始まったが、ルンバのレッスンはなかなか進まない。
ルンバの基本のスッテップばかり。1曲続けて踊ってくださらないので、試験で満足に踊れるかしらと、危惧していた。

d0109392_16272769.jpg


6月に入ってからスッテップばかりではなく、曲にのって踊りだした。
ラテンは何とか踊れるが、チャチャチャはリズムが早いので実に難しい。リズムにのれず、眼が廻ってしまう。
その上、先生は「遅い、遅い、曲に乗ってない。」とハッパをかけてくる。

焦っても気力は出てこない。怠けていると、そのうちにやり続けるのも、イヤになりそうだ。余り自分を責めず時を待つしかないのだろう。
ただし目標がないと、人間は堕落する。全く水と同じである。低きに流れる。要するに、私は怠けやすいのだ。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-05 00:56 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
39話・・・足の裏にも筋肉

d0109392_15565127.gif

ダンスを始めてからこの夏で満3年3ヶ月経った。初めは少し踊れればよいと思っていた。
そのためには、1年間をダンスの時間にすると覚悟した。それがいつの間にか8月からは4年目へ入る。

3年ダンスを続けたら骨まで変ると、入門の時先生から言われた。
3年でそれほど若返ったとは思わないが、3年前を維持している。脚力がついたと言われるが、
それほどに感じない。今一番欲しいのは自分の足でもっと歩けるようになる事。
一番欲しいのは、歩く筋力。

d0109392_16272769.jpg


ラテンをやりだして痛くなったのは足の指の付け根。ダンスではボールと呼ぶ。
踊る時ボールに力を入れるので、最近はヒリヒリと痛くなった。
先生に尋ねると、「足の裏の筋肉がないので痛いが、踊ってゆくうちに足の裏にも
筋肉が出来て丈夫になってくる。それまで暫く我慢です。」

確かに足の裏の痛みは、いつの間にか消えていた。現在全く元気。
筋肉が出来ていくことを実感した。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-04 22:24 | Shall We ダンス?

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
38話・・・若さは背中で決まる

d0109392_15565127.gif

先生が良くおっしゃる事に「若さは背中で決まる」がある。

「私の背中はどうですか?」と尋ねると
「とても、堅い。一枚岩のようだ。でも初めと比べたら、全くの別人ですよ。」そうだ。
「先生はいつも大袈裟です。洋服屋さんから背中に肉がないので仮縫いがしづらいと言われてきました。」と言い返した。


すると先生がいきなり背中に廻って私の両肩をくっつけて、真ん中の肉を摘まんだ。
「これが余分な脂肪です。」
突然の事で驚いたが、確かにそこには脂肪がたくさん溜まっていたのだ。

d0109392_16272769.jpg


「本当に脂肪がたくさんあったのですね。」うなだれながら、真実を受け入れてゆく。
「背筋がまだ出来ていないので仕方ないけど、筋肉がついたら脂肪はなくなりますよ。」

一人密かに背中に手を回してみた。何時の間についたのだろう、この肉は!
「バックシャン!」昔そんな言葉を聴いたことがあったが、若さは背中なのだと、
私も認めざるをえなかった。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-05-03 12:09 | Shall We ダンス?

What's New

2011年1月11日: 気になるショー・ウィンドウ
ミキモト篇
和光篇

2010年12月27日: Shall We ダンス?
35話 若さの源とは
36話 スランプに陥る
37話 ラテンの服・・・
            
2010年12月16日: 気になるショー・ウィンドウ
クリスマス・イルミネーションの競演:ミキモト
クリスマス・イルミネーションの競演:和光
クリスマス・イルミネーションの競演:資生堂
クリスマス・イルミネーションの競演:ルイ・ヴィトン
クリスマス・イルミネーションの競演:フェラガモ
クリスマス・イルミネーションの競演:東京交通会館




*目次からご覧いただくとたいへん読みやすくなっています。



+*+*+*+*+*+*+*+*+**+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+**
[PR]
# by bara_gallery | 2011-01-15 15:50

Shall We Dance?

d0109392_23563832.jpg
37話・・・ラテンの服

d0109392_15565127.gif

ラテンの服を買う気持ちになれない。
モダンの時には先ずドレスをどうするかを連想し楽しんだ。
試験も決まった事なので、新しいラテンのスカートを買ってみたくなっても良いはず。
理由は簡単。ラテンのスカートをはいた自分のイメージが湧かないのだ。

久しぶりに自由が丘に用事が出来たので、例のダンスドレス屋に行ってみた。
品ぞろいは多く、ラテンのスカートもびっしりと並んでいた。

気に入ったデザインが2枚あった。
なぜか、皆、値札が28,500円。セールとして赤札の値段が16,800円になっている。
魅力的だったので、スカートを腰にあててみたが
踊っている自分のイメージがどうしても、湧いてこない。
第一、値段が高すぎる。セールで6,500円ぐらいが程良い値段だと気持ちが揺れる。
やはりタバコ屋のお姉さんと一緒に観てもらおうと思った。

例の社長夫人はチャチャチャを練習している。黒のレースにキンキラがたくさんぶら
下がっているスカートを着て練習している。

d0109392_16272769.jpg


気付いたことがあった。自由が丘のドレス屋さんで<スカート>を見たのがきっかけで、
試験が楽しみになってきていた。
ラテンのスカートはモダンと比べて一段と丈が短い、ミニスカートである。
ラテンは廻るスッテップが多いので、廻るごとにスカートが花のように広がって、
それがラテンの魅力となっている、セクシーな踊りである。
[PR]
# by bara_gallery | 2011-01-15 15:09 | Shall We ダンス?